2014年05月30日

新しいこと

私事ですが…
昨年に引き続き、新しいことをはじめてみました!

昨年はスノーボード。
今年はテニス。
しかもテニスはスクールに入り、本気でうまくなる気ですッシシシ

まずはラケットの握り方から。
それから素振りをして、ボールに当てる練習。
徐々に距離をのばし、初心者同士のラリー。
コートは砂で屋内スポーツをしていた私は無駄に滑りまくり。
ではありますが、昔とった杵柄でそれなりにこなし、
難しいとかきついとかはなく、ただただ楽しいの一言

学生時代に慣れ親しんだスポーツとの違いも楽しくてたまりません
ただ、人生の約半分を費やしたスポーツとの大きな違いに
もうそのスポーツが出来なくなるのではとの不安も生まれる今日この頃

何にしても、新しい事をはじめるのって
いくつになってもいいものだと実感した出来事でした。
2年以内に大会に出れるようになるのが当面の目標です。

設計室 mori


posted by 悠建築工房 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

2014年 ミラノ・サロ−ネ

s-4131_isaloni-628x417.jpg 第53回目となるミラノサローネ国際家具見本市は
 2014年4月8日〜13日「フィエラ・ミラノ」(写真)で
 開催されました。設計は、イタリア・スペインを代表
 する建築家マッシミリアーノ・フクサス。会場は、ミラノ
 市街地とマルペンサ空港の中間に位置し、東西に
 延びる1.3kmの通路に沿って、8つのパビリオンが
 並びます。中心軸となる通路の頭上を、有機的なガラ
 スの屋根が覆っている壮大なスケ−ルの建築です。

毎年5月6月になると、「ミラノサローネ」s-1_688_387.jpg
という特集などを目にする方も多いと思います。どんなイベントであるか、はっきりと知らない方のためにひらめき 「ミラノ国際家具見本市(インターナショナル・サローネ・デル・モービレ)」という見本市の略称で、毎年4月に
ミラノで行なわれ、家具、家具材料のメーカーが展示します。隔年で照明とキッチンの見本市が交互に開かれてます。98年からは「サローネサテライト」と呼ばれる、若手デザイナーの自主展示会場が設けられ、以降ユニークで意欲的なデザイナーの斬新な作品の数々が見られます。その年のトレンドを左右されるといっても良いのではないでしょうか。日本の若手建築家も、メ−カ−などとコラボした作品が数多く出展されています。写真は、トラフ建築設計事務所とパナソニックが、最新技術と日本古来の住文化の“知恵”を融合させた、自然と共生するあらたな空間をプレゼンテーションした、"エネルギーマネジメントによる呼吸する家"詳しくは、左斜め下現地速報をぜひ、ご覧ください。http://openers.jp/interior_exterior/ispecial/milanosalone14_panasonic_01_44233.html

社会環境の変動を反映して、新しい視点が求められる日本の建築界。s-01.jpg
すでに存在していたものの“再生”によって未来を切り拓く、バイタリティに溢れた若手建築家が次々と現れてきました。なかでも従来の建築の枠にこだわらず、質の高いアウトプットを見せつけているのが、長坂常氏。

サロ−ネでも、化粧板メーカーの伊千呂と長坂常氏のデザインによる、
あらたな発想の照明、テーブル、スツールのコンセプトモデルを発表しました。既存の家具カテゴリーに留まることなく、あらたな領域へと拡大するためのコンセプトモデルとなっています。
伝統素材と工業素材との組み合わせにより、それぞれの用途に応じたスペックを生み出した「TAKE KAGO」

建築家の仕事が新たなものを作り上げることなのは当然ですが、すでに存在する何らかの資源を“生かす”という視点も、現代の都市や地域が抱える問題を解決するヒントになっていくのではないでしょうか。その背景には、環境問題や経済不安といった要素に加え、長い時を経たものこそが人々の心を満たすという感性的な側面から、ニーズをリサーチして、また直感でとらえて、建物や空間を現代にふさわしい心地よさを備えたものへと再生させているのでしょう。その創造性を追うことで、時代の価値観がどこへ向かっていくのか、その活況ぶりは、世界にまったく引けを取らない。
同世代として興味深い建築家の一人です。


kinoshita

福岡で新築一戸建て・木造住宅・注文住宅・リフォームをお考えの方は悠建築工房へ
お問い合わせはコチラ.jpg/
posted by 悠建築工房 at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

胡桃

久しぶりの登場です目
兼光家のお嬢様、胡桃犬

最近はまっているのは挟まること
挟まると落ち着くんでしょうね〜
クッションに挟まりまするんるん
DCIM0765.jpg

だいぶ挟まります
DCIM0772.jpg
包まれてると落ち着きますよね〜るんるん
もっと挟まれるとこつくってあげよ〜グッド(上向き矢印)

そして車の運転にもはまってるみたいで・・・車(セダン)
DCIM0785.jpg

そして私のはまってる事
それは雲曇り
雲を見てると落ち着きませんか〜
いろんな形の雲、いろんな季節の雲
ぼけ〜っと空を眺める時間がとても好きです

落ち着くとは違いますが、変わった雲を撮影しました
DSCN1230.jpg
なんか頭の大きい怪獣が口を開けて火を出してるみたいに見えませんか〜?
月がいい感じに目になってくれてます
勝手なイメージですがひらめき

今度雲の写真集を買おうと思っています晴れ

kanemitsuサッカー






posted by 悠建築工房 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。